第3部 009話



自分の姉だと話した少女の話を、鵜呑みにしたわけではない。

なぜ?……俺の姉の名前を知ってるのか……


少女は、誰も迎えがこないまま数日を過ごしている。


棄てられた子供は、一時的に記憶障害に陥る事があるという……この少女もそうなのか………。


………いや、もしかして俺が……。








「ミヅキ……今日もかくれんぼしよう」



「かくれんぼ?」


「そうよ」

「今日は、わたしが隠れるから」

「あなたが探すの」


「心配なの?………こわがりね」

「もし日が暮れても
見つけられないなら」

「噴水の所でまっててね」


日が暮れると僕の敗け。


街のまん中の噴水で
お姉ちゃんが
戻ってくるのを待つんだ。



だが……お姉ちゃんは帰ってこなかった。


「ねぇちゃん…………どこ?」



ほんとうは、心のどこかで
気がついていたのかもしれない。

…………棄てられたという事を。



僕は瞬きもせず、
太陽が沈むのを見ていた………。

「あなた………大丈夫?」


悲しくも美しい斜陽から現れたのは………

……俺の心を留めてくれたのは、


………………リナだった。









バコっ!!!

「なに黄昏てんのよ?」


「いてぇ……な」

不意討ちの叩きにもかかわらず、ミヅキはビクともしない。

細く見える身体つきだが、しっかりと鍛え込まれている事を、リナは知っていた。



「また、夕日を見てたの……好きなんだね」


リナは、ミヅキの隣に座る。

立ち上る光芒に二人は、しばらく目を奪われた。


「リナ……お前、明日午前番だろ?」

「はやく寝ろよ」

「ミヅキは?」

ミヅキは立ち上がると、軽く肩をまわす。

「……バイト」

「気をつけてね」


「ん………」

返事の代わりに唇が重なる。


リナは、真っ赤になって俯いた。


「じゃ……」

「早く寝なよ」


ミヅキは、碧く染まる街に駆け出していった。




バイトの内容は、極シンプルなものだ。

この街アズレリイは、犬が神格化されていて街中に放し飼いされている。
東洋の国では、鹿が神格化されていて街中にあふれてるらしいから、珍しい事でもない。

ミヅキの仕事は、街の犬達に狂犬病予防薬入りの餌を与えていく事だった。

しかし、野生の犬は、なつくものもいれば、逃げ続けるもの、襲いかかってくるものもいる。

街路樹の先、僅かに揺れた陰を見つけると、50メートル近くを一気に詰める。

ミヅキに気付いた犬は、素早く噴水に駆け出す。
直径の巨大な噴水は、人間を撒くのに最適だ。


円周を半分駆けたところで、ミヅキが出現した。

噴水の水面を横切ったのだ。


膝上まである深さの水から、転々と設置されている噴射口を渡って駆け抜けてきたのか。


突然、目の前に現れたミヅキに怯んだ犬を、素早く抱き抱える。


一瞬で口に餌を投げ込飲み込ませた。


ミヅキは、二、三度あたまを撫でる程度で解放してやる。


餌付けをするわけではない。
野生の犬はそのままが魅力だ……ミヅキはそう思う。



犬達との鬼ごっこで、5匹ほどを捕まえた頃に、ミヅキは今日の仕事を切り上げる事にした。


「なかなか良い動きじゃないか」



ミヅキは、背中の声に全く気配がなかった事に戦慄した。


「……………領主?」

自身の息を整えながら、振り向く。



いない………。

「威勢がいいな……」

声は、背後からする。


領主は、さらにミヅキの背後に回っていた。



街の貴族達は、人ではないという噂があるが……。


「領主?」

「領主様だろうが!!」


万力の様な力で、腕をねじりあげられる。

首筋を激痛が襲う。


領主の髪が、ミヅキの首筋に巻き付き、更に肉に食い込みはじめた。

「少年……君にチャンスをやろう」


首筋にねじ込まれた髪は、そのまま脊髄を貫通しはさじめた。

領主はニヤニヤしながら、話し出す。

「声も出せないほどの激痛だろう」

「わたしの髪が、脊髄と絡まり、さらに神経と筋肉を直結させていく……」


「この施術は、君の身体能力を劇的に向上させる」


「その能力で、一匹の犬を探すんだ」


「見つける事ができれば、我々と同じ貴族にしてやろう………」


石畳に転がり悶絶するミヅキを、しばらく邪悪な笑みを浮かべ見下ろしていた。

突然、興味をなくしたのか、表情が消え、淡々と伝えだした。

「犬を一匹……探してくるだけだ」

「特徴は………復活していれば……尾の長い、夜よりも暗い、漆黒の犬だ」

「あと……君の身体の能力を限界まで引き上げている」

領主にとって、人間の一人など、駒程度としか認識していない。

「………その状態では、命は一週間保つかどうかだな」


ミヅキは、絶望という沼に意識を沈めていった。

【AZURELYTONE 第三部 010話へ】



読みたい物語が見つかる



AZURELYTONE 3-009” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中