AZURELYTONE 4-003

AZURELYTONE 第4部 003話

ズゥゥゥゥン……

建物の倒壊は、かろうじて免れたが、店の内部は壊滅した。

硝煙とタバコ……そして、木材と肉の焼ける臭いがたちこめる。

バコッ

分厚い扉を、内側から開くと、サヨは恐る恐る冷蔵庫から出た。

室内は、煙が充満して視界は、僅しかない。

目の前には、焼け焦げた塊が重なり合っている。

なぜ、アルが自分を匿って死んだのかよくわからないが、利用できる者は、躊躇わず利用する……そうしなければ、生き残れない。

サヨは、そういう世界を生き抜いてきた。
……20年もの間。

「私は……もどれたの?……人間に………?」

ダーザインは、不死性を分け与え、眷属をつくることができる。ダーザインの不死性を得るが、従属関係を強制される。

ダーザインの不死性がなくなれば、眷属は人間にもどる。

それは、特権の喪失なのか、自由の回復なのか……。

サヨは20年前、少女のまま不死性を与えられ、クロウズに支配されてきた。

稀族には、齢が30に満たないものを、眷属に迎えてはならないという掟がある。

身体は元より、精神が未成熟な状態で、永遠を手にしたものは、狂気に犯される果てを免れる事はない。

10歳でクロウズに拾われたサヨは、当初、自身を幸運だと思った。
毎日の食事に困る事もなく、クロウズに気にいられれば、大人になった時、永遠の命を分けてもらえる……。

しかし……。
サヤが、不死を与えられたのは、髪が伸びきると同時の事だった。

クロウズは、掟を守るような人格からはかけ離れていた。

サヤは、子供のまま、クロウズの奴隷として永遠を生きなければならなかった……。

だから、サヤは、逃げた……20年の苦しみと、不死の秘密を奪って……。

そして

今、自由を……

ガシッ!

足首に黒い針が、食い込む。

「くぅっ」

いつの間にか、焼け焦げたクロウズの塊が足元に移動していた。

ドクンっ。

「あっくっ」

ドクン。

足に突き刺さったクロウズの指から、サヨの血液が、搾り取られる。

「見つけたぞ……私の、大切な非常食よ……」

クロウズは、サヨの体内に自身の血液を流し込み、培養させていたのだ。

「……あ……あっ……」

足首に差し込まれた指から血が吸いとられる。

「くっくっ……ぐっ」

「実に………ヤバかった………ぞ……ここまで粉々にされたのは、初めてだ………ぜ」

「アルの肉片がなければ………くっくっ……最期の親孝行だな………」

サヨは、支配される恐怖で身体が硬直する。

(……自分の子供の身体も取り込むなんて……狂って……る)

「そして、やはりお前の血が私に適している」

ドクンっ。

彼女は、20年もの間、クロウズに血を絞られ続けていた。

クロウズの身体に、精気が戻る。

ドガっ!!!!!!!!!!

「やめろ!!!!!!!!」

「その娘を離せ!」

「その娘に手を出せば、スーツケースの中身は、この場で粉々にする」

ミヅキの鬼気に、クロウズは動きを止めざるを得なかった。

【AZURELYTONE 第4部 004へ】