第3部 003話

「店には、一組ずつしか入れてはならない」

「なぜなら……」

「『俺』の抑えがきかなくなるからだ」

ビシャ!!!!

f は、ちぎれた足を雑巾のように絞り、血を撒き散らした。

「たしか……この身体と、その女はミヅキの連れだよな……」

少年らしからぬ目付きで、ゆっくりと見渡すと、舌なめずりをする。

オトネは、自身を取り押さえている男達にたいする恐怖よりも、 f の表情に戦慄した。

「おい!!」

「こいつ、ガキのくせにダーザインだ!!」

「油断するな!!」

ビィキィギギギギギ

アレーテウェイン!!!

「真理化は、ミヅキだけの能力と思うなよ」

男達の瞳が、深紅に光る。





「レヴィン……どうだ?」

レヴィンは、足元の石畳を杖で小突くと、音の響きに耳を澄ます。

「もう、あと2歩ほど北側へ」

ミヅキは、レヴィンの指示通りに動くと、踵を鳴らす。

「そう! そのあたりだ」

「わかった」

ミヅキは、掌外を裂くと、血液が石に滴る。
石はミヅキの血を吸い込み、赤みを帯びた。

二人は、同じ様な作業を何度か続けると、ふっと、レヴィンが顔を空に向ける。

「ミヅキ……雨だ」

「今日は、ここまでだな」

レヴィンは、ミヅキに笑顔をむける。
その顔は、すでにミヅキの歳を遥かに越えて、陰を濃いものにしている。

「ミヅキ……ここからなら、一人で帰れる」

ミヅキは、少しためらいの表情をみせたが、レヴィンの気遣いにあやかる事にした。

「悪いな……」

「すぐに追い付く」

「ごゆっくり」

レヴィンとミヅキは、それぞれの方向に歩きだした。

この距離を一人で帰るのは始めてだが、杖の響きと、ダストの揺らめきで歩くのに、何の不都合もなくなっていた。

見えないことで、視えることが増えた。

この世界は”概念”が支配している。思想が言葉となり、音となり……形となり……光となりうる。

突然、レヴィンは、目前に闇を視た。
恐ろしく、濃度の高まったダストから現れたのは………黒い犬と……白い女。

「こんにちは、レヴィンの一族の末裔さん」

【AZURELYTONE 第3部 004話へ】

AZURELYTONE 3-003” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中