第3部 004話

f は、店の机を巧みを掻い潜り、男の攻撃をかわした。

いつの間にか、裏返しにされていた椅子に足をとられてバランスを崩したところで、 f の一閃が貫く。

ゴトン!

4人目の男が床に沈んだ。

「くく………残りはお前だけだ」

「アレーテウェイン(真理化)を身に付けてもなぜ相手にならないか?」

「不思議そうだな」

床に男達の血が広がっていく。

カウンターの隅で膝を抱えていたオトネは、その血溜まりが、異様な速さで床に吸い込まれて行くのを見た。




「敵の組織の人間に、私の一族の事を語られたくはないな………」

レヴィンは、敵意を隠さずに話す、ミヅキの姉だと聞いたことがあるが、組織のボスに礼儀を示すつもりはなかった。

「なんの用だ?」

「ミヅキに用なら、店に来てもらおうか?」

気配が濃くなっている。
サヨが近付いてきてるのか?

ダストを感じる事ができるようになったレヴィンにとって、美しく白い女は、恐ろしく深い恐怖としてしか感じられない。

「50年前、あなたのお婆様の教団を亡ぼしたのは、前のボスよ」

「いわば、敵討ちをしてあげた様なものだと思うけど………」

「いずれにせよ、昔の話だ」

レヴィンは杖を、真っ直ぐサヨに向け、近づくのを制した。

「…………」

「あの娘よ」

「あの娘の口ずさむメロディーは、
あなたの教団の……」

「教団には興味はない」
「一族は…… 家族は……」
「私にはミヅキがいる……」

レヴィンは素早く応えたが、
その唇は微かに奮えている。

「あなたは、あの娘の価値に気がついてる」

サヤは、そっと指先で杖の先端を撫でた。

「知りたくない? 」

「あなたの一族が何を目指していたのか?」

「手伝ってあげる」

「あなたの望みを……」





「近づくな!!」

「それ以上近づくと、この女を殺す!!」

f は……… f の身体を操る者は、呆れた表情を浮かべる。

「おいおい………その女を連れて帰らないと、ボスに怒られるんじゃないの?」

「まぁ………もう遅い」

「あんた……マインドブレイク起こしてるから、気が付かなかったのかも知れないけど」

「仲間はどこに行ったかな?」

男が見渡すと、倒れた仲間がいない!?

……いや

最後の一人が今まさに………

床板に溶け込まれていく……。

「きゃあ!!」

オトネは男を振り払い、壁に身をこする様に逃げる。
男は、追いかけようとするが、動けない。

さっき、足をちぎられたからか?

「アレーテウェイン(真理化)は、通常を遥かに越えた身体能力を得るかわりに、自身の変質に鈍感になるんだよね~」

いや……それだけではなかった。

男の足の先は、床に一体化していた。

「まさか?」

オトネに過去の忌まわしい記憶が蘇る。

この店が……。

f がテーブルに残されたスープに手を伸ばす。

スプーンで
一口。

男の足が膝まで床に沈む。

「この ガキの身体はディバイス(端末)」
二口。
下半身が……。

「本体は、この店だ」
一気に皿ごと飲み干した。
「ぅわあああああああ!!!!」

男は、一気に床板に吸い込まれて行った。

f は店の様々な場所を撫ではじめた。
感覚を楽しんでいる。

「あなたは誰?」

「 f をかえして!!」

オトネは精一杯叫んだが、恐怖に震えた声からは、なんの力も発せられなかった。

f は、頭を掻きながら、煩わしげに呟く。

「女に指図されるのは、たまらなく嫌なんだ」

f は、邪心に満ちた笑みをうかべる。

「やっぱり、拐われた事にしとくか……」

床板が、オトネに向かって波打ち始めた。

【AZURELYTONE 第3部 004へ 】

AZURELYTONE 3-004” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中