次元の話

・低次元が高次元へ

一次元は、「点」
二次元は、「線」
三次元は、「立体」

では、一次元は二次元や三次元では、ポイント程度の価値なのか?

ちがうね。

点は、二次元の世界で拡大すれば
「円」になり、「円」は、三次元で多方面から認識すれば、「球」になる。
つまり、『完全な存在』

・高次元が低次元へ

一次元は、「明暗」「点」
二次元は、「色彩」「線」
三次元は、「色彩 音域 動力」「立体」

二次元の世界では、
「色」と「音」と「動」が
同時に「線」で表現される。

だからこそ、魔法などの超常現象を
可能にする
つまり、『万能の事象』

アズレリイトオンのストーリーは

次元を跨ぐ発想を世界設定の基にしています。

ダストは、『完全な存在』を概念にしてあり、だからこそ「変化がない」。

時間という干渉を受ける事がない。

そのため、ダストを取り込んだ者は、ダーザインとなり、その身体は時間の干渉をうけず、不死となります。

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中