第3部 002話

「いや……お店には一組ずつしか、
招いてはならないって………」

「ミヅキとレヴィンは?」

「今日は、教会まで二人で歩いてみるって」

「一時間は帰って来ないね……」

「いいんじゃない?」

「食事だけなら………雨も降りそうだし……」

「私も手伝うよ」

「うん………じゃあ」

店のテーブルは三つ、それぞれに2人、2人、1人。

ミヅキとレヴィンも帰って来ないし、常連さんも居ないみたいだから、音楽の注文を説明せずに、スープの注文だけにする。

いつの間に覚えたのか、オトネはミヅキの作り方をそっくりに、手際よくスープを煮込む。

<このペースなら、5人くらいなら
2人でこなせるな……>

<レヴィンもミヅキも戻ってきたら、
喜ぶかな………褒めてくれるかな>
気がつかなかった………。
慌ただしく料理を準備している間に、お客達が視線を交わしあっている事に……。

料理を作り終えたオトネが、f の配膳を手伝い始めた時………

「きゃ!!」

バリン!!!!

「え? なに?」

f は、振り返る隙もなく、押さえつけられる。

「どっちだ?」

「わからん? 奴等以外に二人いるなんて、
きいてなかったぞ!!」

オトネを羽交い締めにした男が、忌々しげに呟く。

「奴等が戻る前に連れ出さないと……」

<…………またなの?>

<このままでは……また>

<監禁される>

嫌だ………戻りたくない。

これまでのオトネは、自身の意思など関係なく、連れていかれるまま運命をまかせていた。

しかし、その脳裡に、レヴィンの微笑みが浮かんだ瞬間。

オトネは、生まれて初めて運命に抗った。

「イヤヤウァアアアアア」

ごぼっ!!

オトネを抑えていた男の口から、血が吹き出す。

「f 逃げて!」

男を振りほどき、f をつかんでいる男に
体当たりをする。

「その女の方だ」

「女の口を塞げ!!!」
「ゥハぁあ!!」

ドクン!!!

オトネは、男の胸に向かって叫ぶ!

男の心臓は、高速で心拍しだした。

その身体が不自然に痙攣し出す。

もう一人の男が、オトネの首を掴む。

「ぐっ!!」

オトネの声と呼吸が止まる。
男の心臓も、以上な心拍が収まった。

「オトネを離せ!!」

身体が成長し始めたとはいえ、
少年の f の体重は軽すぎる。

あっさりと引き剥がされ、壁に叩きつけられ、
その勢いのまま床に引きずり倒された。

「ぐぅ……っ」

f には、ミヅキの様に身体を強化するブレンド(能力)はない。
洗脳するにしても、過去を観る必要があるし、なにより数が多すぎる。

f は、自身の無力に絶望した。
<俺を受け入れろ>バキン!!!!!!!
f を踏みつけていた足が、棒切れのように折れた。

「ぐわっ」

「………なん……だ?」

「俺の足がっ……」

ちぎれた足を、玩具のように握りしめながら、
f が立ち上がる。

「あんた……………ちょっと、カルシウム
たりないんじゃねぇ?」

その表情は、f とは別の人間のものだった。

「店に何人も入れやがって
……我慢できなくなるじゃねぇかよ」

【AZURELYTONE第3部003話へ】

AZURELYTONE 3-002” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中