第二部 003話

「インディアヴェルトザイン
(In-der-Welt-sein)」

<ここに存在は世界する >

ゴォォォっ

f は、身体に流れ込むダストの量に圧倒された。

だが、その小さい身体を必死に拡げて受け止め続けた。

ダストを吸収された犬たちは、
泥のように眠りはじめる。

<きっと、不眠不休でダストに操られていたのだろう……>

<つまり、この犬たちを操っていたダーザイン(本体)が、別にいるという事だ……>

全身を紅に染めたレヴィンが、肩で息をしている。

30匹以上の犬を相手にしながら、f に一筋の傷もつけさせない。

「はぁ…はぁ」

………………ゴトン

………ドン

しかし、奥の壁や天井が産み落とし始めたもの………

「f……にげろ」

「そんな………」

「こんなことが……」

虚ろな目をした人々が、操り人形のような、ぎこちない動きで立ち上がる。

「これは……ここの住人たち……か」

その瞳のどれもが、にぶい深紅のひかりを灯しだす……。

二人は、目の前に悪夢を見た。





「……先客みたい」

「あら?……懐かしい顔ね」

透明と誤解させるような、白い少女が、対象的に漆黒の犬を従えて、ミヅキの背部に立っている。

ミヅキは、振り返らない、いや……反応する気がないようだ。

「そのままでは無理よ」

「………なんだと?」

ミヅキは、壁に拳を叩き付けながら応えた。

「振り向きもしないのね」

寂しそうに微笑む。

しかし、その表情はどこか芝居がっている。

「お互いに用はないはずだが?」

ミヅキは、平静を装おっているが、その心中は自身でも抑えられないなにかが湧き出ようとしていた。

「私もこの建物に用があるの」

彼女が自分に会いに来るはずがない。
………あぁそうだろうな。
ミヅキは。自分に言い聞かせ冷静さを取り戻した。

「この建物に入るのは無理だ」

「扉を壊したくらいでは、直ぐに修復されてしまう………壁もだ……」

白い女が、唇をつりあげる。

「あなたは、”コレ”が建物に見えてるの?」

「………この建物がダーザイン(不死体)」
「何者かが、建物と一体化している………」

「何十倍もの体格の生き物を小突いてもムダ………」

ミヅキは、壁から拳をはなした。

「あなたは仲間を助けたい」

「私は中に用がある」

「利害は一致ね」

女が去ったあと、ミヅキは呼吸を整えて、壁に両掌をあてた。

【AZURELYTONE第二部004話へ】

AZURELYTONE 2-003” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中