世界は満ちていた。

なにもかも。

すべてがうまくいく。

一度でも……

一度でも、そんな事を思ってしまうと、心は戻れなくなる。

「大丈夫」

「心配するな」

「きっと、いつかは」

「きっと、いつかは、僕も……」

仲良くなった少年は、10年後遊びにいったら、青年になっていった。


「人によって、成長の仕方が違うんだよ」

父は、そう言った。

「その話はしないで」

母は、そう言った。

おかしいと思ったのは、妹が生まれてからだ。

妹は、わずか5年で、15年かけて伸びた僕の身長を越えた。

妹が特別成長が早かった訳ではない。

僕が成長しない事が異常だったんだ。

そして、それは妹の成長として、両親の責任でもないんだということが証明されたのだ。

その時、僕は、生まれてはじめて自身の能力を使ったんだ。

父、クルトの国では、ダストの存在は悪魔として捉えられていた。

クルトは、エクソシストと呼ばれる人間にとりつく「悪魔」とよばれる存在を退ける仕事をしていた。

彼は、「悪魔を退ける術」を身につけていたが、その「悪魔」なるモノを滅ぼす術を長年において探していた。

そして、あるジプシーと遭遇する。

ジプシーは、サーカス団を営んでおり、様々な国を廻っていた。

サーカス団は、どの国でも歓迎され、同時に感謝される存在であった。

なぜなら、街にとりつく「悪魔(ダスト)」を滅ぼして去っていくからである。

クルトは、サーカス団の活動に参加することになる。

卓越した曲芸の数々もさることながら、公演の最終で奏でられる歌声とメロディー。

その歌、「アズレリイトオン」によって、悪魔(ダスト)が歌い手に吸収されるのだ……。

ダストは、光に拡散して闇に集結する。

そして、密度の高い結晶内に乱反射させて閉じ込めることも可能となる。

それは、クルトも扱っている技術だ。

たが、その歌い手が吸収したあと、どうやって悪魔(ダスト)を滅ぼすのか……。

クルトは、絶望を知る。

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中