「あれが何か知ってるか?」

ミヅキは、窓から見える街の空を、指差した。
アズレリイの街は、巨大な岩山の斜面を切り崩して開拓されている。
岩山の頂きには、巨大な塔が街を見下ろすように、斜めに建てられている。

なぜ、極端に岩場から突き出た塔が、崩れないのか……人智の及ばぬ建築技術の現れだ。

「……龍の塔!?」

街を見下ろす建築は、その奇妙な外観から、龍に例えられていた。

「この街の創始者は、カリオン奏者だったんだ……」

「あの塔の先にはカリオンが設置されていて、いろんな音色が街に溢れていた……」

そういえば、朝や昼下がり、夕焼けと共に美しい調べが、街に響いていた。

「カリオンの音色は『ファウストの鐘』と呼ばれ、聴くものによって、希望と絶望を与えたらしい」

「f……ダーザインは、人間と共存していた……極夜がくるまでは……」

「奴隷として、多くの時間を過ごした俺は、ダーザインの存在すら気にした事はなかったんだ……」

窓の外を見つめながら、ミヅキは無表情に呟く。

「ダーザインと呼ばれる不死者の存在」

「あの日、ファウストの音色は、街に響かなかった」

「夜が明けなくなった日だ」

振り返ったミヅキは、眠りから目覚めないリナの顔に視線を向け続けた。

「なぜ 彼女は、目覚めない?」

「なぜ 俺は、死ねない?」

「なぜ 街の夜は明けない?」

「知識がなければ、謎は、なにひとつとして解けない」

「クロウズを店の壁に閉じ込め、知識を絞り出した」

「彼女を目覚めさせるためなら……」


「俺は……どんな事でもする」

かつて、崩壊した店にクロウズを埋め込み、街の情報を集めていた。




レヴィンが加わり、f を迎え入れ、オトネを匿い……。

……ミヅキの闇に……孤独に……微かな煌めきを仄めかしてしまった。

油断が、結界を僅かに綻ばせた。

そして、それらを一瞬のうちに失ってしまった。

「迷惑をかけてすまなかった」

f は、自身がクロウズに乗り移られた事を、ミヅキが悔いている事を知った。

「僕こそ ごめんなさい……」

感情を抑えれず、f は、クロウズの記憶に
【存在をゆるさない】という暗示をかけた。


f のブレンド(能力)は、強力で解ける者は存在しない。

クロウズは、【存在をゆるされない存在】として、永遠を生きる事になる……。

「f……お前の能力は、あまりに強力だ……」

「クロウズは、この街でもかなりブレンドの濃いダーザインだ ……首だけでも……壁に埋め込まれても生き続けるほどに……」

「そのクロウズの力を抑え込むほどの能力だ……」

「力の扱いには、気をつける事だ……」

しばらくの沈黙の後、ミヅキは f に語りかけた。

「お前には、俺達にはない力がある」

「その能力【洗脳】も、その一つだが」

「ダーザインでありながら、幼い頃、昼の世界を見ていた」

ダーザインは、不死の能力を得るかわりに、夜の世界しかいきれない。

ダストは、太陽の光を浴びると透明化が始まる。

例えば、皮膚にダストを融合させて、不死者ダーザインとなっていた場合、皮膚は透明になり内蔵は、直接直射日光を浴びる事になる。

その命は、数時間と保てないだろう。

だから、ダーザインは、日の光を避ける。

しかし、f には記憶があった。

昼時のカフェに両親といった……。

そこで働く少年が、自分のでたらめなアルファベットの歌に合わせて歌ってくれた……。

でたらめなアルファベット……。

ミヅキは、続ける。

「この街のダーザインは、あの狗を源としている……」

「おそらく、f お前は、俺達とは全く別のモノを起源にしている……」

f は、気がついた。

自身の存在の在り方こそが、ミヅキが求めていた存在。

ミヅキは、気がついていた……。

子供の頃、出会っていた事も……。

それでいて、利用しようとしなかった。

ミヅキなら、f の血を採取すれば、その性質を調べることが出来たはず……。

「ミヅキ」

(ミヅキは、あえて、待っていた)

(僕の意思で血を与えると、おそらくミヅキは僕の眷属になる)

「僕の、血の記憶をみて欲しい 」


「ダーザインの真理がわかるかもしれない」

「僕は、オトネと、レヴィンに戻って来て欲しい」

「僕は、みんなで生きたいんだ」

「この街を、その人を、一緒に目覚めさせよう」


「僕の世界を、共に生きて欲しい」

f は、静かに、しかし、ためらいなく手を差し伸べた。

ミヅキへ。

ミヅキは、手袋を外すと、深紅の掌で、f の手首を掴む。

僅かに削った f の手首から血液が滲み出す。

ミヅキの掌に、f の記憶が一気に流れ込んだ。

第四部009話へ

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中