ミヅキが目をさました時、少女はいなかった。

あいつ……人間に戻れたのか……。

目の前には、舌を突き出して無惨に干からびたクロウズの頭が転がっている。

ミヅキの首は……繋がっている。

誰かが繋いだのか、首筋には生々しい傷がはしっている。

両腕は……掌から先は、剥き出しの骨が突き出たままだ。

麻痺してるのか、痛みはさほどない。

なぜ、首が繋がっているのかはわからないが、それがダーザインの能力であったとしても、それももう終わる。

夜明けだ。

……

……

いや……夜が明けていない。

ミヅキが、自らの首を跳ねる前、空が白んでいたはずだ。

なぜ!?

空が闇でつつまれてる。

掠れる意識の中、





「夜明けを一緒に見よう」

「夜が開ける前、あの噴水でまっててくれ……」

「君が好きな夜明けを一緒に……」






(……リナ)

ミヅキは、ふらつく足をひきずって歩きだした。

(……くっそう)

(……くっ……くっ……)

(ここまでしやがって……)

干からびた頭部から出たクロウズの舌が、ミヅキの流した血溜まりをすする。

(からだ……ちくしょう……このままでは、自我が保てない)

(瓦礫……この店の瓦礫で、身体を……)

記憶を共有していた f は、おぞましさに身を捩った。
自分の身体を支配しようとしたクロウズとは、これほどまでに身勝手で狂った男だったのか。
そして、ダーザインのあさましいまでの生命力。

自分も、そのダーザインの一人なのだ。

f は、命じた。

「ソナタノソンザイヲユルサナイ」






f が、目を覚ましたとき、小さな部屋のベッドに寝かされていた。隣にもうひとつ。

女性が眠っている。

クロウズの記憶に出てきた。

ミヅキを慕う女性リナだ。

シーツには、無数の花がおいてある。

長い間、身動きひとつしてないという事か……。

インザイン(目覚めぬ者)なのか……?

「お前は……どちらだ?」

入り口の扉にもたれかったミヅキが問いかける
暗い部屋の中、その瞳は、真紅に光っている。

fは、思わずミヅキの手を見た。

手首から先は、黒い手袋で覆われている。

そういえば、ミヅキはいつも、食事をしている時でさえ手袋を外した事はなかった……。

「f だよ」

「証明してみせろ」

ミヅキは、自身の額に指を当てて見せた。

「あっ……」

「ナンジワレトトモニ」

それは、f がミヅキと遭遇した時、f がミヅキの記憶を掘り返しその記憶に植え込んだ言葉。

f の能力は、洗脳。

ミヅキが、f を助けたのは、この能力のおかげなのか……。

「クロウズは、どうなった?」



以前の f は、生きるために自身の能力を使うのは、当たり前だと思っていた。

しかし、ミヅキを暗示をかけてから、その罪悪感が、チリチリと身を焦がすようになっていた。

f は、躊躇いがちにつぶやく。

「【ソナタノソンザイヲユルサナイ】って、暗示をかけた」

「あまりにも……ひどいと思ったから」

ミヅキの表情が、少しだけ穏やかになる。

「俺を、哀れんでくれたのか?」

ミヅキは、f の頭をやさしく撫でた。

ミヅキの手袋の中には、肉はなかった。

恐らく、血を固めて手の形を保っているのだろう。



それを悟らせないため、ミヅキは、f に触れたことはなかった。

だが、ミヅキの過去を見た f に、隠す必要は……もうない。

その気遣いは、洗脳で得られるものではない。

いままでも、これからも……。

「……ありがとな」

「少し休め…… 明日話そう」

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中