「ミヅキ……あんたが羨ましかった……」

食い込ませた刃は、ミヅキの血を操る能力で、すぐさま凝固できるはず。
だが、ミヅキは敢えてその傷みをうけいれた。


それでも、老人は、震える手を離せないでいた。


人を刺すのは、長い人生ではじめてだった。

「なんで、お前だけが若いまんまなんだよ……」

「あの日から、母さんは眠ったまま……」

「店の開店準備で、夜明け前から準備してた……」

「街中のどの店より、早く開店するのが自慢だったんだ」

「子供だった俺が、店に降りてきたとき」

「母さんは、目覚めなくなっていた……」

その後、少年はなんの知識もないまま、店を続けた。
その姿が老人になるまで……。

ミヅキは、気がついていた。
この老人が、その母を協会に受け入れるかわりに、ミヅキの居場所を密告し、その背中に刃を突き立てる強要をした事を……。

「ミヅキ……俺は、お前が羨ましい」

「なぜ? お前は歳をとらない?」

「俺たちは、友達だったじゃないか……」

少年は、ミヅキを兄のように慕っていた。

歳上の”友達”と言い続ける少しませた少年は、
ミヅキを見つけると、その後ろをよくに着いてきた。

今、二人をつなぐのは、冷たい刃であった。

ドルンっ!

アイドリングの不躾な音が響く。

「ミヅキ〜どうするよ」

「我々と共に来るか?」

「その爺さんと、この車の下敷きになるか?」

車から、残忍な冷笑が響く。
ミヅキが、車の衝突から身をかわせば老人が轢かれてしまう。

ミヅキは、車の後ろの噴水後を眺めていた。

「この噴水には、なんか縁があるのかもな……」

運転手と老人は、怪訝な顔をする。
ミヅキは、構わず続ける。

「ここの噴水は、昔、用水路を兼ねていたんだ」

「店長は、ここの工事の監督をしていた」

「だから、俺は、店長じゃなくて”親方”と呼んだんだ」

「ガキの頃、なんでこんなどこに噴水を造るのか不思議だったんだ……」

「この街の土地は、水晶を多く含むため、地下の水捌けが悪い」

「噴水は、その地下水を汲み上げて、排水してたんだ」

ババババっ!!!!!

シルバーゴーストは、運転手のイラつきの頂点と呼応するかの様に、けたたましい響きをたてた。

「さんざん無視しやがって!!」

「上等だ、この野郎殺してやる!!!!」

ドルンっ!!!!

めいいっぱいアクセルを踏み込んだ瞬間、地面の石畳が崩れ落ちた。

「つまり、地盤が弛い」

「俺の血が繋いでないといけないくらいにな」

「ぐあっ」

車体が地下に完全にしずみ込む寸前、窓から出した頭だけ残し、地面の石畳が再生した。

「ぐぇぇぇ」

石畳から生えた頭部が呻く。
車体の重量は1760kg
いくら、ダーザイン(不死者)でも、首だけでその重さを保つ事はできない。

「お前が車から降りてこないって事は、車と一体化したダーザインってことだ」

ミヅキは、うめく頭部を蹴り上げた。

「俺の馴染みにふざけた真似をした罰をうけろ」

「そのまま、大好きな車の重みに首をもがれな!!」

「ぐぉおおおお」

ブチンっ

ミヅキは振り替えると、ヘタりこんだ老人の肩をたたいた。

「大丈夫か?」

老人は、泣きながら応える。
友人を裏切った自分を、正当化できるほど、若くはなかった。

「ミヅキ……すまない」

「いいさ……また来るよ この花、また仕入れておいてくれ」

立ち去るミヅキの背中を、見つめながら老人は思い出した。

「その花……」

「花の花言葉は【あこがれ】」

「花の名前は【フリージア】だ」

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中