「いらっしゃい」


色とりどりの花を敷き詰めた店内は、きらびやかさと同時にずさんな管理を、塵積もったあせた花や葉が物語っている。

店の奥から顔を出した老人が、愛想よく会釈する。

「ミヅキか」
「相変わらず若いな」

ミヅキは、片手を上げて挨拶すると、様々な花から慣れた様子でいつもの花を引き出す。

小振りな花が鈴の様にならんだ花。
仄かに紫色が滲むように花弁を染めている。

「ミヅキは、いつもその花だな」

「……なんだったかな、その花」

「花屋なのに、花の名前が覚えれないなんてな……」

老人は、気恥ずかしそうに頭を掻いた。

ミヅキは、ニヤリと笑いながらコインを、トレーにならべた。

「俺も、自分で作ってるスープのメニューを覚えてないさ」

「できる事を続けてればいいさ……お互いに」

「また 来るよ」

ミヅキは、店を出た。

出てくるのを見計らったかのように、レトロな車体が、滑らかにに迫った。

馬車が自動車に役目を譲って、何百年も達つというのに、このロールスロイス・シルバーゴーストは、昨日創られたばかりのように、美しく磨きあげられている。

電気自動車が普及しつつある時代に、時代錯誤も甚だしいが、そんな道楽が可能なのは、稀族しかいない。

運転席から、スーツを着た男が顔を出す。

「やっと見つけた」

「なぜ? 俺の血界を破れた?」

ミヅキは、無用な戦闘を避けるため、街の自身の血液を各要所に配置し、血界を作っている。

自身のキャリアより下位のダーザインは、ミヅキにすれ違ったことすら気がつけないはずだ……。

「簡単な事だ……」

「それよりボスはどこだ?」

「お前に会いに行った後、消息を断たれた」

男は、稀族のプライドのためか車から降りようともせず、ミヅキを蔑む態度をみせる。

「……逃げ込んで来た」

「の、間違いだろう?」

「前も話したろう……もう死んでたって」

男は、苛立ちを顕にした。

「死ぬはずがないだろうがっ」

「我らダーザイン(不死者)の長が」

「最も完璧な存在に近い御方だ」

「我々の不死力がなくなっていないのが、
あの御方がご存命の証なのだ」

ミヅキは、淡々とかえす。

「知らねえよ」

「あんたらのボスは、うちの店に駆け込んだ
ときには事切れていた」

「俺は、『血の依頼』を受けた」

「『血の依頼』は本人の了解なく他者には伝えない」

「それが、俺の仕事だ」

男は、アクセルを踏み込みエンジンを空ぶかしさせはじめた。

「この車に乗るか、この車に轢かれるか」

「おまえの返答しだいだ」

ミヅキは、腕を硬質化させながら、答えた。

「どっちもゴメンだね」

ドスっ

「……なっ」

ナイフがミヅキの脇腹にめり込む。

石畳には、血界が張られているはず。
ミヅキに勘づかれずに、近づくのは不可能なはず。

背には、店しかない。

ミヅキの脇腹に、刺さる刃を持っていたのは、
花屋の老人だった。

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中