手塚治虫の真骨頂。宿命を乗り越える勇姿と、癒しの困難さを描くストーリー

どろろ』は、手塚治虫による
日本少年漫画
週刊少年サンデー』(小学館)にて
1967年35号から1968年30号まで
連載された後、『冒険王』(秋田書店
にて1969年5月号から10月号まで
連載された。
戦国時代の日本を舞台に、
妖怪から自分の身体を取り返すべく
旅する少年・百鬼丸と、
泥棒の子供・どろろの
戦いの旅路を描く。

by wikipedia

( 出典 Amazon.co.jp )

ストーリー

父親の権力欲によって、赤子の頃に鬼神に身体を分散して捧げられた百鬼丸。

身体中が欠けた百鬼丸は、存命は困難とされ川に流されるが、偶然ひとりの医師に拾われる。

カラクリの身体を与えられた百鬼丸は、たぐいまれなる霊力と精神力によってカラクリを使いこなし、自身の身体を取り戻すため、妖怪退治の旅にでた。

百鬼丸は道中、元盗賊の子供「どろろ」を偶然助ける。

どろろと旅をする中で、百鬼丸は次第に人間らしさを取り戻していくが……。

なぜ作品なタイトルが「百鬼丸」ではなく「どろろ」なのか?

【裏設定】

当初の設定で身体の48ヵ所が
妖怪にわけられている。
(アニメでは12ヵ所)


百鬼丸は、この妖怪達を殺せば
身体の部分が戻ってくるが、
どの妖怪が自身の身体を持つのか、
持っていないのか、
戦ってみないとわからない。

百鬼丸は、並外れた精神力で
カラクリを操り、身体を動かして
妖怪と戦っているが、身も心も
負担は積み上がっていく。

実は、どろろは、妖怪が百鬼丸から
奪った身体で作った子供だった……。

百鬼丸は選択を、迫られる。

どろろを殺せば、すべての身体を
一気に取り戻せる。

妖怪から取り戻すには、果てのない旅を
続ける事になる。


未完のストーリーながら、強烈な設定が秘められた作品である

百鬼丸

50年以上前の漫画ながら、未だに漫画好きの間では、好きなキャラクターに不動の一位を誇る伝説の男。

設定の過酷さと、戦いの残酷さのため当時連載中止となったとの事だが、

2019年、浅田弘幸のイラスト原案によって再アニメ化。

百鬼丸が身体と心を取り戻す過程。

なぜ父親は、子供を捧げたのか。

戦国という時代の残酷さ。

登場人物達の心情が、繊細に描かれなおした作品となっています。

( 出典 Amazon.co.jp )

原作はこちらから (1967版)

アニメはこちらから (2019版)



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中