ある夜、高校生の新一の右手に、えたいのしれない生き物が潜り込み同化する。

その生き物は、右手を支配するだけではなく、その形状も粘土のように自在に変形させ、あろうことか、人間の言葉まで操りだすのであった。

同時に、「ミンチ殺人」とよばれる人間の惨殺死体が全国各地で発見される。

新一の腕に潜り込んだ生物は、本来は脳に同化し、人間を食事にする「寄生獣」だった。

「生きる」とは、「いのち」とは、「こころ」とは……。

登場人物達のさりげなくも、重いセリフが各所にちりばめられており、人生の局面が印象的な傑作です。



あらすじ (寄生獣)” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中