第二部 008話

扉を開くと、さらにダストの密度は高くなり、キャリアの深い f ですら、中を伺い知る事ができない。

「…………」

「………何か?」

「歌?」

部屋の奥から、女性の歌声が聴こえる……。

「何か見えるか?」

ミヅキが f に問いかける。

その姿は、いつもの彼に戻っていた。

「ダストが濃すぎて………」

「僕が、吸収する」

「 f……無理しなくていいんだ」

「大丈夫」

<自分がついてきたばっかりに、
レヴィンはボロボロになりながら
僕を守らなきゃいけなくなった………>

<僕が、出来る事をしなきゃ……>

インディアヴェルトザイン

バシュュュゥゥウゥ!

ダストが f に吸い込まれていく。

同時に、部屋の内部が鮮明になった。

独房のようなコンクリートむき出しの外壁に部屋の奥に、トイレ、パイプベッド………ひとつだけ豪華な革貼りの椅子には、人が座っている。

その異様な椅子には、鎖がつながれている。

…………その鎖にはひとりの少女が。

少女は、ヘッドギアをつけられ、肘から腕を挙げられないように上半身を固定されている。

ヘッドギアに目と耳が塞がれているためか、少女はダストが晴れた事どころか、三人の入室に気が付かず、そわそわと室内を彷徨く。

その唇からは、絶え間なくハミングが紡がれており、フッと何かを思い出したのか、手探りで椅子にすわると、歌を歌い始めた。

グワアアァァ

その周辺にダストが集まり出す。

「……… f 」

「彼女の “歌” がダストを集めている」

意識を失いかけていたレヴィンが、最後の力を振り絞って叫ぶ。

「ヘッドギアが彼女を操っている!!」

f は、ダストが少女の唇に吸い込まれる瞬間、そのヘッドギアを剥ぎとった。

「もう やめて!!!」

「!!!!!!!!!!」

一瞬にして、視界が開けた少女は、硬直して三人を凝視する。

彼女の歌が止まると同時に、ダストの流れが………………

停まった。

歌が止まると、咎められると思ったのか、少女は、あわててた。

「あっ………えっ………あ」

f は、人差し指を唇にあて音を制した。

「し~」

レヴィンとミヅキを振り替えると、二人は頷く……三人は理解した。

この少女は利用されていたのだ……と。

「………大丈夫かい?」

「もう………大丈夫だよ」

f は、怖がらせないように、
優しく声をかけた。

【AZURELYTONE第2部009話へ】

AZURELYTONE 2-008” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中