第二部 007話

建物全体に神経を張り巡らせるためか、痩せ細った身体は扉と壁に同化し、手足は形を残していない。

その身体には肋に貼り付いた皮ごしに、心臓が脈動を生々しく打ち続けている。

「俺が………まもる……」

「外は……なかに居れば」

「……だい丈夫だから……」

意識も保てないのか、辛うじて吐き出すように、呟きをくりかえしている。

f は、おぞましさのあまり、後ずさる……

ドン!

ビクッ!!!

背中に何か……誰かがいる………。

ミヅキは戦っている……レヴィンは、傷だらけで、立ち上がれないはず。

…………誰?

「その娘を抑制するのは
不可能と教えた筈よ……」

「まさか、身体(館)に
隠していたとはね……」

いつの間にか、誰かが
f の肩を抑えてる………
優しく…………
でも、氷のように冷たく……。

耳許で囁きが聴こえる。

「この部屋は、このコの世界………」

「このままでは、体力が尽きた者から
とりこまれるわよ…………」

「あなたも…………お友だちも」

「皆を助けるには、
彼を殺すしかないの………」

「簡単よ……このむき出しの心臓を
少し傷つければ…………」

「全ては終わる。」

「……………………
……………………
…………さぁ 」

今なら、非力な僕の力でもこの人を殺せる………レヴィンを苦しめたこの人を…………無防備なこの命を………。

「まも……れ………あ…………ず……
…れぇ……………り
ぃ……………………とぉ
…………… 」

「え?」

「なに………? 」

「さようなら」

バシュ !

ブチンっ

彼女はなんの躊躇もなく、
男の心臓をもぎ取った。

「ガッ……………」

「……………ぁ…………………」

「………………………」

「…………………」

f は、反り血を浴びながら、呆然とたちつくすしかなかった。
千切りとった心臓を f にもたせると、顔に血を擦り付けながら、首筋に指先をあてた。

「………あなた
余計な事を聴いたわね………」

f の首筋に当てた彼女の手に
力が籠る…………。「まちな! 」

「そいつは、俺たちのツレだ」

レヴィンに肩を貸しながら、ミヅキが近づいてくる。

その姿は、戦闘体勢のまま、深紅の瞳は瞬きすらしない。

「あら?」

「あのダーザインに勝ったの?」

「……………成長したわね」

ミヅキは、黙ってサオリと犬を睨み付ける。
その表情には、化け物と戦っていたときの余裕は微塵もない。

「ミヅキ………
今日はここまでにするわ………」

「ひとつ、忠告よ
その先の部屋の中のモノは
危険よ………」

「そして、そのコも……」

「あなたでは、扱えない」

「準備が出来たら回収にくるわ」

彼女は、静かに闇に溶けていった。

【第二部 008話へ】

AZURELYTONE 2-007” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中