「f……部屋の地下だ」

「崩れていない部屋に本体がいる………ソイツを抑えろ!」

ミヅキは、化け物から目を反らさずに伝える。

「わかった!!」

「ミヅキ!」

「気をつけて」

f は、階段を駆け抜ける。

化け物は、ミヅキにむかって飛びかかる。

ギン!!

が………そこにミヅキはいない。
対面の壁を蹴る姿すら残像だ。

「オォォォォラアァ」

首筋に拳を叩き込まれ、
さらに、肉を裂き、骨を粉々に砕いていく。

ブチ ブチブチ ブチ ブチ ブチ

バキッン!!!

奇っ怪な角度に尖った爪が、ミヅキを襲う。

紙一重でかわすとミヅキは、距離をとった。

「……………」

<やはり………回復し、
強化しやがる………>

<ここは、奴の体内……
侵入した異物が強ければ、
免疫力も上がるってわけか……>

ズズズズズ

身体を回復させながら、怒りに満ちた物体が、おのれを肥大させていく。

「巨大化か…………」

「…………かかったな」

!

!!!!

!!!

?????

「うごけない?………だろ?」

「気が付かなかったか?」

「俺が建物に浸入するとき、
血を混ぜた事を…………」

壁一面から突き出た深紅の針が、化け物の身体中に突き刺さる。

巨大化したカラダは、さける術すらなく、次々に貫かれていく。

「!!!!!?」

ザクザク
バキバキ

針は骨までも貫きはじめた。

「この建物は
今…………俺の一部だ」

「その血液の針は抜けないぜ」

巨大な咥内に、大胆にも顔を近づけながら観察をはじめる。

「………ところで
痛覚は本体とリンクしてるのか?」

「お前………俺のマスターに
手をあげてくれたな……… 」

「機能停止で終わり?……………」

「………悪いが」

「俺はレヴィンのように甘くはないぜ」

ミヅキは、化け物の牙を一本、一本、引きちぎり始めた。





地下にたどり着いた

「はぁ…はぁ…。
なんなんだこれは……?」

「こんなところに扉が 」

階段の陰になる位置に扉がある。

その奥は、意外にも広い廊下になっており、
つきあたりに、さらに扉がみえる。

崩壊を始めた建物なのに
ここだけが、なにごともなかったかのように、静寂につつまれていた。

「ぐぅ………くっ」

苦痛に堪える呻き声がひびく。

f が目にしたもの…………それは、

扉に一体化した男の姿だった……。

【AZURELYTONE第2部 007話へ】

AZURELYTONE 2-006” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中