第五部003話「狂闇の宴」

教会は、円陣に組まれた眠り人と、それを見守る人々で溢れかえっている。

ミヅキがフードを外しても、サヨには気づかれないだろう。

(詠唱が始まっている……)

ミヅキは、意識が霞み始めるのを自覚した。

【同じ水面は存在しない平衡すらない】

祭壇に立ち尽くすオトネが、呟くように奏ではじめた。

それは……失われた唄「アズレリイトオン」。

音階は意識を集約し、言葉は存在を定める。
 
眠り人達から、黒い焔が滲み落ちる。

ダストが可視化できるのは、それらの重なりが深くなっている証でもある。

足元を満たす闇。

それは、次第に床に沈殿を始めた。

歌声が奏でる”ゆらぎ”は、その旋律にあがらえない陶酔を誘う。

総てが、オトネの支配に誘われた。

その闇は足首までの深さになりはじめた。

ミヅキは、足に違和感を覚えた……。

(固定された!?)

天井に繋いだ血の糸で、跳び上がりステンドグラスまで避難する。

(ぐっ……!)

……その足首から下が千切れ落ちていた。

(まずい! 再生するまで動けない!)

「……!」

「……!?」

サヨとレヴィンは、ほぼ同時に、唄声に気を取られていた事に気付いた。

すでに、闇は腰の高さにある。手遅れだった。

祭壇の中央で身動きが取れないサヨとレヴィン。

なぜか、オトネは、闇に足を絡みとられる事なく唄いつづけている。

大量のダストが闇となり、眠り人達から滲み落ちるが、彼らが目覚める気配はない。

眠り人からダストを剥離しても目覚めない。それができるなら、ミヅキは恋人をめざめさせている。

水没したかのように、協会がダストの闇に染まる。

【過去のすべてを笑い飛ばせ】
【今のすべてを楽しめ】
【未来をひとつ自ら選べ】

オトネの旋律が変わる。
  
ダストが渦をまき、唄声を放つオトネに、吸収されようとしている。

歌声に導かれオトネに吸収される前に、よりキャリアの深いメフィストに吸収させる。それがサヨの策であった。メフィストにダストを吸収させれば、その血管をつないでいるサヨの不死力もより強化される。

この街……いや、世界で唯一無二の存在になるのだ。

力を……わたしだけの力を……?

力……力を奪わせるくらいなら……俺が?

!!!?

サヨとレヴィンの瞳が、狂気を孕み始めた。

二人に狂気が流れこんでくる。

アァァ!!!!!!!!! 
不意に、参加者の、一人が頭を抱え叫び声をあげた。それを皮切りに協会中の人々が発狂をはじめる。
ミヅキは、霞む意識の中、思考を繋ぎ止めた。
 (なんだ!? なぜダストを取り込んだ人々が?)
 (ダストには、狂気が含まれている……)

レヴィンが、水晶球をかざし、ダストの吸収を加速させる。

サヨの瞳が紅に輝く。メフィストからの血量を、増加させた。

(これは、始まりのダーザインの狂気)

ゲーテは、最初のダーザインの実験体に狂人を使ったのか?

協会は、闇につつまれた。
 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中