『家』

「こんにちは」

玄関で庭いじりをしている主人に挨拶をして、家の中に入る。

昭和の中頃に建てられた家だろうか、広めの間取りにところ狭しと様々な物が積み重ねられている。

僕たち以外にも、数人の人達が家の中をうろつき、あれこれと物色している。

作業服の男性、オシャレな女性、座り込んで将棋を始めだしたおじさん達………。

どうやら、民家を利用したリサイクル店みたいだ。

友人は、

「今日はこれいただきます」

と独り言のように呟いて、
懐かしいPOPソングのCDを手にとった。

替わりに、ポケットから海外のコインと、
帽子を並べて置いた。

そうだ。

ここは、お金の支払いではなくて、
物々交換をする店なんだ。

なんとなく納得したが、
自分が何を探してたのかを思い出せない。

友人が、一枚の写真をもってきて僕に見せた。

暑苦しく伸ばし放題の髪に、分厚い眼鏡。

写真が苦手なのか、うつむき加減にはにかんでいる。

…………僕だ。

突然、僕は自分の名前を

思い出せない事に気がついた。

そうだ。

以前、僕は、自分の過去と交換したのだ。

…………一体、なにと?

そして、目が覚めた。

読みたい物語に出会える

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中