レバレッジ

レバレッジとは

レバレッジってなに?

ザックリと説明します。

レバレッジとは、テコの原理の事で、拡張性という概念で使われています。

元々、投資の世界などで多様されていた用語ですが、IT業界などで「それは、レバレッジが効くの?」みたいな使われ方をしてます。

投資の世界でどの様に使われてきたかというと……

FXとかで投資をすると、二十数倍まで掛け金を上げる事ができます。

具体的にどうなるか?

10000円で、投資したとすると……

投資先が10%伸びた場合

①10000円だと

10000×0.10=1000円

合計11000円

②レバレッジ20倍だと

10000×20=200000

200000×0.10=20000円

合計30000円

投資先が10%減退した場合

③10000円だと

10000×(-5)=-1000円

合計9000円

④レバレッジ20倍だと

10000×20=200000

200000×(-0.10)=-20000

合計-10000円(借金)

ザックリ説明するとこうなります。

よく「FXで破産する」という話は、④になってしまう場合があるからです。

こわいですね((( ;゚Д゚)))

FXのレバレッジはオススメしません(^_^;)

話をもどしましょう。

レバレッジ(拡張性)の効果はイメージできたと思います。

投資ではなく仕事にレバレッジを効かせようという

という発想がうまれています。

どういうことか?

あなたが、小説家だとします。

小説を書いて販売。

それだけでは、その小説が売れた時だけが利益。

しかし、

IT技術を使って

小説販売レバレッジ(拡張性)を効かせると……。

webサイトで小説を書く

小説を書いてwebで販売。

小説の続編を書いてwebで販売。

小説の書き方のノウハウをwebで販売。

小説の売り方のノウハウをwebで販売。

作品、作り方、売り方、すべてが利益になります。

これが、仕事のレバレッジです。

出版社や小説コミュニティだけに頼るのではなく、自分の小説専用のwebサイトを作る事をオススメする理由は、このレバレッジ(拡張性)を効かせる事ができるからです。

私が、webで小説を連載している理由は、ここにあります。

これからも、物語の創作者だれもが「自作を商品化できて、それが仕事になる」そのノウハウを確立して、紹介いきたいと思います。

.

.

.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中