第2部 010話


その日以来、レヴィンのリハビリもかねて、オトネは彼の散歩についていくようになった。
二人は、アールデコ調の街灯が並ぶ並木道を歩く。

「………………」

「これ……ほんとにすごいな~」

オトネは水晶を月に照らしながら、無邪気にはしゃいでいる。

「私の声に反応して、いろんな色に変わる…………」

「ほらっ」

「月と同じ色にできた 」

「あっ………ごめんなさい」

レヴィンの自然な振るまいから、視力を失っている事を忘れてしまう。

「いいよ……思った以上に、つかいこなせてるようだね」

「見えない事で、『視える』ものが
増えたように感じるよ」

「見てごらん
この街の街灯のほとんどには、
組鐘(カリオン)が、ある団体によって
設置されているんだ」

オトネは水晶球をポケットにしまい
レヴィンに顔を向けた。

「…………!」

「ほんとだ なんで?」

オトネは、幼い頃その当事者だったが、あまりその行いの意味を考えた事はなかった。

「さあな………理由は今となってはわからないな………」

「ただ………その僅かな鐘のゆらぎが、私に距離感を与えてくれる」

「おかげで君と散歩も楽しめる」

オトネは顔が紅くなるのを意識したが、幸いにも今のレヴィンには伝わらない事に、不謹慎ながらもほっとした。

「そうだ…………街頭をみててごらん」

パチン

レヴィンが指を鳴らすと、
街灯がささやかに波打つように点灯し、
しばらくすると静かに消えた。

「みえたかい」

「この街の街灯は、一定の音に反応して
光を放つ仕掛けになってるんだ」

「すごいきれい」

オトネはフッと頭に浮かんだ、
メロディーを口ずさんでみた。

街灯は、強いきらめきを奏で、
オトネに応えた。

「!」

オトネは、嬉しくてレヴィンを見つめた。

「どうかしたか?」

目の見えていないレヴィンは、
美しい街灯のきらめきに気がつかない。

「………ん」

「えっと………なんでもない」

オトネは今更になって理解した。

気丈にふるまうレヴィンの視力を奪ったのは自分である事を………
このきらめきを共有出来ないのは、自分の能力の結果であると。

やがて、街灯は静かに輝きをとじていった。





「………!」

「……ミヅキ!」

「ミヅキってば!!」

「…ん?」

「どうした」

「いやいや…………」

「ずっと窓ばかりみてるから」

ミヅキのフライパンから、煙がたちのぼっている。

「…………焦げてますよね」

「あ」

「焦がした料理は?」

「………ああ」

「お前食え」

「………………………なぜ?そうなる」

ミヅキは、f をまじまじと見ると、その目線の高さが自分に近い事に気がついた。

「お前………背がのびたな」

【AZURELYTONE第2部011へ】

AZURELYTONE 2-010” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中