ブロックチェーンとは

ブロックチェーンってなに?

ブロックチェーンは、情報管理のアイディアのひとつ。

ビットコインという仮想通貨(暗号資産)は聞いたことがあると思います。

ビットコインは、国家や銀行が管理しなくても、機能する「お金」として創られました。

国家や銀行のような大きな組織が管理する代わりに、膨大な数の個人が同時に管理すればいい。

ブロックチェーンは、

その同じ内容の台帳を共有し、その繋がりを参加者全員が確認できる分散型台帳。

同時に共有していれば、改竄が不可能。

インターネットなら、それが可能になるという発想です。

近年、仮想通貨のハッキングなどで、大金が流出したなどのニュースも流れます。

しかし、仮想通貨は、ブロックチェーンの技術を使わないと使用できない。

奪った後、どこの誰に渡ったか、いくら細分化しても、全てが明確に記録されているので追跡できてしまうのです。

記録を明示されてしまえば不正は明白。

現在、流通している通貨(円とかドルとか)のように、流出させて、細かく振り込ませて、さらに細かい領収書にしてわかんなくする。

なんて出来なくなる。

例えてみましょう。

お金を「水」と考えましょう。

通貨は、色付きの水槽。

水槽の色は、

ドルが「黄色」

ウォンが「赤」

エン(円)が「青」

とします。

個人の資産は「魚」どんな大きさの魚を飼うか、育てるかが財力を表します。

水槽に魚が増えれば、水かさが増し、すなわち通貨の価値は上がります。

魚を安全に飼う方法。

水槽の色の魚を飼うのです。

水槽に合わせた色の魚を飼えば、保護色で守られるので安全。

自分の魚を見分ける方法は、特別な訓練をうけた人(銀行員)に見つけてもらいます。

ビットコインは?

「無色透明の水槽」

(全員が常に見ていれる)

魚の色は?

「彩り豊かで自由な配色」

(正しい配色は自分だけが知る【暗号】)

みんなが見てるから、だれも奪えない。

正しい配色は、持ち主しかわからない。

これが、ブロックチェーンの発想です。

ビットコインは、この発想で誕生した最初の通貨。

この水槽には、すでにクジラを飼っている人がいるんです。

クジラが飛び跳ねるだけで、水位は大きく変わりますよね。

でも、ふたたび着水すると……。

仮想通貨のニュースで、「クジラ」と出てきたら、このイメージを思い出してください。

クジラのジャンプが、新しい魚を加えるチャンスかもw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中