成長させる木(株)と収穫する木(株)、
指標とする木(株)を分けて考える。
①指標株は1000(100.0%)で固定      ②小さい樹は10万以上で刈取る       ③大樹は養分か水かを与える
指標となる株で             (水)を与えるか(養分)を与えるかを決める
予定(10万)より成長した部分を刈りとって、 大樹の養分にする
雨を降らせる(資金を増やす)

自分が育てたい株を            大樹にして、森を構成する。
含み益が下がっても、成長させる木には水を与え続ける。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中