第五部002話「眠り人達」

協会には、人々が集っていた。

この場所には、とっくの昔に、神など降り立たないと誰もが知っている。

廃墟となっていたこの教会で、不死の力を取り戻したサヨの隠れ家となり、今では、組織のアジトとなった。

サヨは、眠り人になった者達の保護と引き換えに、仲間を集めていた。

サヨ達の調査により、夜が明けなくなった日、日の出の直前に街の外に出ていた者達が、眠り人(インザイン)になった事が判明した。

それは、夜明けから働く者、散歩する老人……。

それは、夜明けを約束にした恋人……。

【礼拝堂一面に並べられたベッド】

祭壇から放射状に敷き詰められたベッドの数々。ここにいる眠り人達は、サヨの部下達の家族や大切な人達だ。

サヨの仲間になるかわりに、眠り人の保護と研究が行われている。

かつて、街を支配していたのは、領主のクロウズだったが、それは表向きの事。 

彼に不死力を与えたものは、ボスと呼ばれる存在。

その名はゲーテ。

医術、錬金術に精通していたゲーテは、不死の狗メフィストを捕獲し、最初に妻を、そして自分を不死にした。

ゲーテも、その妻も極夜の日を境に、行方不明になっている。

極夜とゲーテが関わっている事は、間違いがない。サヨは、「ダスト狩り」を街に放ったが未だにゲーテは見つからない。

眠り人を目覚めさせるには、その体内のダストを取り除くしかない。

肥大していく組織。

増加していく眠り人。

サヨは、内心焦りを抱えていた。組織員が自らの命を顧みず、彼女に尽くすのも、眠り人を保護している彼女なら、彼らを目覚めさせることができるかもしれない。

何十年も目覚めぬ人々の希望。それに縋るしかなかった。

サヨは、目的を達成するためには手段を選ばない。選ぶ必要はないと考えている……。

いや……そうあるべきだと思わなければ、成し遂げることなどできない……と。

だが、ミヅキからレヴィンとオトネを奪う計画では、仲間を失いすぎた。

サヨが、眠り人を保護しだしたのは研究目的がきっかけではあったが、そのために犠牲者を出してもよいとは思っていない。

むやみに、狂信的な部下達を、駆り立てるわけにはいかない。

サヨは、仮説を実行する決断をした。

ゲーテは見つからなかったが、この狗がいる……ダストが如何に濃くても、この狗のキャリア(深さ)なら、眠り人から分離した大量のダストを吸収できるかも知れない。

子供時代のサヨを苦しめたクロウズ。

彼は、ダーザインとして、アレーテウェイン(真理化)を起こすまでは、善良な男だったという……。

持て余す闇は、狂気を孕む……。

(私程度の器が、どこまでのものか……)

中央に立ち尽くす女性。

祭壇の中央に立ち尽くす少女オトネ。

そばには、レヴィンが寄り添っている。

「なんだこの仰々しい設備は?」

サヨの気配に気がついたレヴィンが悪態をつく。

「音と光、そして衝撃、これらは私達の世界では延長上にあるけど、次元を分けると別々の現象になるそうよ」

「違う次元では、魔法と呼ぶそうよ」

「彼女の声と、レヴィン……あなたの術で眠り人からダストを分離させる」

「術の構成が、まだ成立していない……」

「彼らは目覚める」

……かもしれない。

「儀式は三日後よ」

「魔法を期待しているわ」

(……あなた達にも、……私にもね)

魔法陣の中央。

瓦礫の中央に佇む青年。

ミヅキ……ではない。

金色の髪は、サイドで刈り込まれ、少年の面影を残している。

ミヅキに血の契約を交わすことで、僕は自分の身体についても知る事ができた。

僕は、産まれた時、すでにダーザインだった。

辛い記憶だったけど、収穫もあった。

新しい発見。

僕は、成長できる。歳をとれるんだ。

ただ、人と違うのは、時間の経過で歳を重ねるのではなく、自分が望んだときだ。

だだ、気をつけないといけない。

歳はとれるが、若返る事はできない。

彼女らは、僕は死んだと思ってる。

僕は、自分とその能力を隠すため、青年まで歳をすすめた。

店は、大量の瓦礫と成り果てた。

ミヅキには、店には近付くなと言われている。

店は崩れ去ったけど、オトネが連れ去られたこの場所に、必ず手がかりがあるはず……。

F(フー)は、あるものを探していた……指輪だ。

クロウズに身体を乗っ取られ、サヨと戦っている間に落としたようだ。

あの日、初めてミヅキに出会った時に貰った指輪……。

あの日から、僕は、僕が生きてもいいと思えるようになった。

あの指輪から、何かしらの記憶を読みとれば、ミヅキの力になれるかも知れない。

それに、オトネが拐われたこの場所の記憶から、拐われた手掛かりが見つかるかも知れない……。

何かと……。

目が合う。

木彫りの妖精。

ティンカーベルだ……。

(ドアに彫刻された妖精だ……返り血?……いや、わざと目にぬられている)

……あの日から、レヴィンも行方不明だ。

血痕は、店の崩壊時ではなく、その以前の訪問者の者のもの……つまり、レヴィンのメッセージ?

レヴィンが、オトネを迎えに来たとき、着けた血糊。

F(フー)にはわからないが、血はレヴィンのものなら…、

ミヅキは、血のねがいが、わかる。

·

·

·

·

·

オトネが、サオリに捕らえられて数ヶ月経つ……。拘束されているというわけでもなく、むしろ、客として迎えられている感覚に近い。

レヴィンの部屋も隣に用意されていて、自由な往来を許されている。

オトネは、レヴィンの部屋に行ってみる。

また、留守だ……。近頃、何時間もサヨの用意した資料室に込もっている。

街の一般人であるミヅキや、レヴィンは知らなかった事でもあるが、ダストの存在や知識は、古くから研究されている。

あらゆる視点から解釈された結果、様々な組織が生まれ、幼少のオトネが過ごした信仰施設なども発生した。

血に触れるミヅキ。

ミヅキに流れ込んできたものは、協会の計画にレヴィンと、オトネの能力が必要だということと、レヴィンのねがい。

【】

【】

【】

【】

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中