第五部001話「革命」

ダーザインは不死者ゆえ、

食事を必要とせず、睡眠を必要としない。

しかし、それは”しなくても死ぬ事はない”という意味においてだ。

食事や睡眠を省略すると、身体が食事の効能を補填することはない。

また、睡眠をとらないと、記憶の整理もままならなくなる。

長命のダーザイン(不死者)は、たびたび記憶の混乱によるフラッシュバックに悩まされていた。

「マザーの店の娼婦が逃げたらしいぜ」

湿気たタバコに、無理やり火を灯しながら男が切り出した。

「そいつ、正気か? 逃げ切れると思ってんのか?」

「さあな……しかも、逃げたのは、あの人気ナンバー1の”ヴァイパー”だってよ」

「あの血を吸わせたら、サービス増すって噂の女郎?」

「なんか変な儀式するらしい……血を気味悪いミイラに垂らすんだと……」

「イカれてるな……」

「でも……スゲーいい女らしい」

「捕まえたら賞金と……」

「役得だな……」

はぁはぁ。

(くっそぅ……あの男、稀族っていったのに……ただの眷属じゃない)

(死なないって言うから、血を抜いたのに……)

(その分もサービスしたのに……)

(死にやがって)

石畳を裸足で走るのは限界がある。

不死でなくなった身体は、擦りむけた傷を治すだけでも日時がかかる。

(あの日、私は人間に戻って、ミヅキは不死者になった)

(クロウズをミヅキが倒してくれたから、クロウズの眷属だった私は人間に戻った)

(でも、なぜミヅキは不死者になった?)

(このミイラに不死の謎があるはず)

昔、クロウズに飼われてた頃、この街には「信仰」が植え付けてある。

犬が神聖な動物として崇められていて、だから街に野犬も多い。

なぜ? 犬が崇められてるのか?

それは、教会に行けばこのミイラを見た事があるなら、すぐに解る。

「まちがいないのか?」

「ああ、もう出口も塞いである」

男は、肩に担いだショットガンを持ち替えグリップを握る。

「おいおい……女一人相手になんでそんなもの」

「……只の女ならな」

不死者ダーザインの存在は、まことしやかに囁かれていた都市伝説だ。

稀族(キゾク)と呼ばれる特権階級の中には、不死を獲得した存在がいる。

そして、その血を授けられたものは、眷属となり、その能力を分け与えられる。

「”ヴァイパー(吸血鬼)”ってのが、プレイの名なだけならな……用心さ」

「くくっ」

「生かしてかえす道理もないしな……」

男達の下衆な含み笑いは、吸血鬼のソレよりはるかに邪悪であった。

教会に秘密がある……。

サヨは、いまや廃屋と化した教会にたどり着いた。

「これが、この街の信仰……」

寂れた礼拝堂には、無惨な姿のメシアが貼り付けにされている。

凄惨な拷問にあった後、貼り付けにされたその姿は、人間の罪を一身に引き受けた男の姿を彫刻にしたものだ……。

サヨは、メシアの彫刻が嫌いだった。

子供の頃、身体を不死身にされ、ミイラになるまで血を啜られた。

……何度も、何日も、何年も。

あのとき、逃げ出さなければ、自分もこの彫像のように、永遠に地獄の苦しみを味わいつづけるところだった。

自分の姿を重ねてしまう……メシアは、解放されないのだろうか?

誰も助けはこないというのに……。

祭壇のメシアの頭部に、布がかけられている。

サヨは、手を伸ばし、布をつかんだ。

その頭部は、人ではなかった。

「……犬?」

ドン!!!

「……っぐあ!!!!」

散弾銃の弾丸は、サヨの腕、その骨を粉々にくだき、貫いた。

「ヒャハッ 当たったぜ!」

「バカっ!? 当ててどうする」

「殺す気か!?」

「腕をつぶしただけだ、ダーザインかもしれねえし」

「身体があれば、楽しめるだろう」

「くくっ 変態だなお前」

油断した。今まで気を散らしたことなどなかった。人間に戻ってから、身体に傷が残らないように細心の注意を払った。

また、不死の力を手に入れるためだ。そのためにこんなミイラを10年もぶら下げ生きてきたんだ。

だが、この結末はどうだ。教会に飾られた、いかれたモニュメントを拝むために命の危険をさらした上に、腕を千切り飛ばされた。

床に血だまりが広がっていく……。近付いてくる男たちは、自分を生かして捕まえる気はないだろう……。抵抗できないものを汚す。こんなカスどもをこの世から消し去るために、不死を手に入れる。

腕から滴る血を、ミイラに注ぐ。

これでは、ダメだ。足りないんだ干からびすぎてる。たぶん、内蔵のなにか大事なところ……例えば、心臓とかが抜け落ちてしまっているんだ。

もっと、大量の血を……滞ることなく……ダメだ……意識が……。

「おい……動かなくなったぞ」

「ダーザインではなさそうだな」

「早くいただこうぜ 冷たくなっちまう」

男は、銃口でサヨの身体をつつきながら、愉しげに呟く。もう一人の男も奥からかけ戻ってくる。

「戸締まりしてきたぜ しばらくは誰も入れない」

「用心深いこった」

血を流しすぎて気を失ったか、サヨはピクリとも動かない。下着姿の肢体は血化粧でなめかわしさを増している。

二人のうちどちらが先にその体に触れるか、殺気に近い視線を交わした。

瞬間。

黒い影が、稲妻のように二人の間を駆け抜けた。

男たちの腕が千切れ飛ぶ。

「ぐわぁぁぁ!」

「犬が……甦っている!?」

のたうち回る男たちの目前に、サヨが立ち上がる。

「なぜ……生きて……その出血で……動けるはずが……」

サヨは、持ち上げた右手で髪をかきあげた。その腕には傷ひとつない。

手首から一筋の血管が伸びている事以外は……。

「繋いでみたの」

「血液が足りないなら、循環させればいい」

この女……ミイラに自分の血管を繋いで、血を常に循環させ復活させただと?

「さぁ 革命のはじまり」

「サヨ様……」

……。

数時間もの間、一点を見つめつづけるサヨに、黒服の男が声をかける。

「……近頃、昔を思い出す……年をとったのかな?」

黒服の男は呟いた

「……まさか」

サヨは、変わらぬ美しさを保っている。

あの日から、この教会は協会とあらためられ、その礼拝堂には椅子の代わりにベッドが並べられている。

病気の患者ではない……インザイン(眠れる者)だ。

インザインは、夜が明けなくなったその日に意識を失い、その誰もが目を覚ます事がない。

原因もわからず眠り続ける家族や恋人を、誰が助けるのか?

サヨは、夜がなぜ明けないかを知っている。

「皆が待っています」

「ああ……」

第五部002話へ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中