5-001「革命」

【ダーザイン】

ダーザインは不死者ゆえ、

食事を必要とせず、睡眠を必要としない。

しかし、それは”しなくても死ぬ事はない”という意味においてだ。

食事や睡眠を省略すると、身体が食事の効能を補填することはない。

また、睡眠をとらないと、記憶の整理もままならなくなる。

長命のダーザイン(不死者)は、たびたび記憶の混乱によるフラッシュバックに悩まされていた。

01【娼婦がにげる】

「マザーの店の娼婦が逃げたらしいぜ」

「そいつ、正気か? 逃げ切れると思ってんのか?」

「さあな……しかも、逃げたのは、あの人気ナンバー1の”ヴァイパー”だってよ」

「あの血を吸わせたら、サービス増すって噂の女郎?」

「なんか変な儀式するらしい……血を気味悪いミイラに垂らすんだと……」

「イカれてるな……」

「でも……スゲーいい女らしい」

「捕まえたら商品と……」

「役得だな……」

02【娼婦を教会に追い詰める】

はぁはぁ。

(くっそぅ……あの男、稀族っていったのに……ただの眷属じゃない)

(死なないって言うから、血を抜いたのに……)

(その分もサービスしたのに……)

石畳を裸足で走るのは限界がある。

不死でなくなった身体は、擦りむけた傷を治すだけでも日時がかかる。

(あの日、私は人間に戻って、ミヅキは不死者になった)

(クロウズをミヅキが倒してくれたから、クロウズの眷属だった私は人間に戻った)

(でも、なぜミヅキは不死者になった?)

(犬のミイラに血液が残っていたのか?)

「まちがいないのか?」

「ああ、もう出口も塞いである」

男は、肩に担いだショットガンを持ち替えグリップを握る。

「おいおい……女一人相手になんでそんなもの」

「……只の女ならな」

不死者ダーザインの存在は、まことしやかに囁かれていた都市伝説だ。

稀族(キゾク)と呼ばれる特権階級の中には、不死を獲得した存在がいる。

そして、その血を授けられたものは、眷属となり、その能力を分け与えられる。

「”ヴァイパー(吸血鬼)”ってのが、プレイの名なだけならな……用心さ」

「くくっ」

「生かしてかえす道理もないしな……」

男達の下衆な含み笑いは、吸血鬼のソレよりはるかに邪悪であった。

03【娼婦がメシアのフードをめくると顔が犬だった】

教会に秘密がある……。

「これが、この街の信仰……」

04【腕を撃ち抜かれる】

「……っぐあ!!!!」

05【血だまりの中、血管をミイラに射し込んでみる】

06【ミイラが復活する】

07【娼婦に返り討ちにあう】

「さぁ 革命のはじまり」

08【微睡むサヨを部下が呼ぶ】

09【教会は、協会として再利用されている】

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中