第一部 008話

店内は異常な緊張感が満ちていた…。

アズレリイトオン(碧天の調べ)という曲は、存在しない………

夜の明けない街では、不可能な奏で……

この店でその曲を選ぶということは、ありえないねがいを依頼するという事だったんだ。

レヴィンは、思い詰めた顔で
水晶球を見つめている……。

僕は沈黙に耐える事ができなかった。

「レヴィン…ミヅキは、外に
なにをしにいったの?」

「………………」

「…………」

「彼女の父親を……」

「父親は、ダーザインなんだ」

「そして、彼の心は崩壊しかかっている。
彼女に命の危険を与えてしまうほどに…」

老婆は小さく震えながら、自身の血が依頼した事態の結末を真摯に受け止めようとしている。

「まえ、僕に話してくれたように
祓う事はできないの?」

「……何度も祓っている」

水晶を固く握りしめながら、
レヴィンは悔しそうにつぶやく。

「ダストを祓うと、ダーザインの
期間の記憶も消える」

「彼は……またダストを
受け入れてしまうんだ………」

「俺のこのダストの結晶では、
キャリア(闇の深さ)が浅すぎる」

「彼のダストを完全に
吸収できない 」

f は、思い詰めた二人を見比べた。
外のミヅキは、好んで彼女の父親を殺めようとしているわけではない。

もはや彼らには他に方法がないのだ。

「キャリア? その人より深い
ダーザインなら出来るって事?」

「キャリアなら……
その結晶より僕の方が…… 」

「僕は…………」

「ダストが混ざってダーザインに
なったんじゃない」

「産まれながらのダーザインなんだ」

f の瞳は、ミヅキのそれより
濃い紅であった。

「………君が?」

「吸収するというのか?」





「ぐっ……」

降り注いだ硬質化した肉片は、ミヅキの身体を容赦なく削り続ける。

男は、凄まじい速さで、ミヅキの背後に迫る。

しかし、ミヅキの反応はそれ以上だった。

「おらっ!…」

ミヅキは、カウンターで男の腹部に、廻し蹴りをつきさした。

ザザ………

怪物と化した男に僅かな動揺がはしる。

「……?」

ミヅキは、血まみれになりながら、そのスピードは衰えるどころか、加速している。

「………あんた」

「肉にダストを取り込んだのか?」

「皮膚を硬質化……筋肉を弾力化……
瓦礫や砂利を圧縮して放つから
そのスピードが出せる………」

「この発想はなかったな………」

「すごいよ あんた」

ミヅキは、首に張り付いた男の手を、自分の皮膚ごと無造作に剥ぎ取った。

「なぜ?
俺がその動きについていけるか……?」

「不思議そうだな……」

返事の代わりに、男は飛びかかる。

バコン!

石壁に大きな亀裂がはいる。

………既にミヅキはいない。

男が振り替えると、月の光に照らされたミヅキの姿があらわになった。

「簡単な答えだ」

その顔は、艶やかに碧く硬質化し、その表面は刃となった血液に纏われている。

「なぜなら………俺も
人ではなくなっているから……」

ミヅキの瞳が深紅の輝きをます。

アレーテウェイン!!

第一部 009話へ



AZURELYTONE 1-008” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中