次の日の朝……

ひとりの犠牲者が……

それは、あなた自身でした。

END

はじめから

add