オレは、暗殺者。しかし、その依頼は特殊なもの……。過去に戻って歴史を歪める者の暗殺だった……。

crystal sugar (氷砂糖)

【氷砂糖 rock sugar】
純度の高い蔗糖液から特別な方法で製造した砂糖。別名氷糖という。砂糖製品のなかで最も結晶の大きいもので,純度も最も高い。

【製法】
糖液 編集
まずグラニュー糖あるいは白ザラメを水に溶かしてショ糖の水溶液を作る。

これをブリックス70度まで濃縮する。濃縮時には熱によるカラメル化を防ぐため、温度は40℃程度にとどめて減圧して低温沸騰させる。

再結晶 編集
糖液に種結晶である種糖を加え、再結晶させる。このときの工程により、結晶の形と大きさが変わる。

ロック氷糖
糖液を浅い容器に張り、種糖を入れる。これを40–70°Cの温度に保たれた結晶室に静置して、約2週間かけて結晶を成長させる。
クリスタル氷糖
種糖を円筒形のカゴに入れ、50°Cに保たれた糖液中でゆっくりと回転させる。結晶が成長したら一部を取り分けて新しいカゴに移し、さらに成長させる。4日間程度、結晶が1.5–2cmの大きさになるまでこの工程を繰り返す。
後工程 編集
結晶が充分大きくなったら遠心分離機にかけて結晶のみにし(これを分蜜(ぶんみつ)という)、風乾させて仕上げる。

【保存】
砂糖は品質が非常に安定した長期保存が可能な食品で、通常の保存状態では腐敗や品質劣化の心配がないため、賞味期限もない。

【エネルギー】
「1g=4キロカロリー」。
砂糖は、ごはんやパンなどと同じ炭水化物、もちろんカロリーも同じ。 砂糖もお米も、最終的には体の中で同じブドウ糖に消化されて、脳や体のエネルギー源として使われる。


【発光】
暗闇中で氷砂糖をペンチなどでつぶすと、摩擦ルミネセンスにより、瞬間的に発光する。

砂糖の結晶を砕くことによって小さな電場が形成され、正の電荷と負の電荷に分かれてから再結合しようとする際にスパークが発生する。

• • •

• • •