【闇は無ではなく、混沌】

教会は、円陣に組まれた眠り人と、それを見守る人々で溢れかえっている。

ミヅキがフードを外しても、サヨには気づかれないだろう。

(詠唱が始まっている……)

ミヅキは、意識が霞み始めるのを自覚した。

【同じ水面は存在しない平衡すらない】

祭壇に立ち尽くすオトネが、呟くように奏ではじめた。

それは……失われた唄「アズレリイトオン」。

【存在を定める】

ダストが可視化できるのは、それらの重なりが深くなっている証でもある。

眠り人達から、黒い焔が滲み落ちる。

足元を満たす闇。

それは、次第に床に沈殿を始めた。

歌声が奏でる”ゆらぎ”は、その旋律にあがらえない陶酔を誘う。

総てが、オトネの支配に誘われた。

【再生まで救出にいけない】

その闇は足首までの深さになりはじめた。

ミヅキは、足に違和感を覚えた……。

(固定された!?)

天井に繋いだ血の糸で、跳び上がりステンドグラスまで避難する。

……その足首から下が千切れ落ちていた。

(まずい! 再生するまで動けない!)

【祭壇の中央で身動きが取れない二人】サヨとレヴィン

【眠り人からダストを剥離しても目覚めない】できるなら、ミヅキは恋人をめざめさせている。

水没したかのように、協会がダストの闇に染まる。

ダストが渦をまき、唄声を放つオトネに、吸収されようとしている。

歌声に導かれオトネに吸収される前に、よりキャリアの深いメフィストに吸収させる。それがサヨの策であった。メフィストにダストを吸収させれば、その血管をつないでいるサヨの不死力もより強化される。

この街……いや、世界で唯一無二の存在になるのだ。

【レヴィンが水晶を回転させ、重力を増加】

【】

【】【】

【】【】

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中