AZURELYTONE

第3部 005話

.

.

.

.

.

店の床や、壁が脈打つようになびく。

「 f !!! やめて!」

オトネは、カウンターの奥に飛び込みながら、 f に呼び掛けた!

「 f 応えて!」

店の中は自身の体内も同然だ。
こざかしい真似をしたところで、
同じ事だ。

「このガキに呼び掛けても無駄だ」

「もう、この身体は俺の一部だ」

オトネは、カウンター越しに姿を現した。
その手には、リボルバーが握られている。

まだ、店の客に人間が多かった時代の骨董品……。

「おいおい……なんのつもりだ?」

「この身体を撃ったとしても、この店から出られる訳じゃないぜ」

「そんな威嚇にしかならんオモチャなんぞ……」

「………威嚇」

「まさか」

パアアァァァアン!!!

炸裂音に合わせて、音にならない声で、オトネが叫ぶ。

ドンッ!!!

一瞬で、空気が膨張し、f の身体を吹き飛ばす。

<ぐっ!! しまった!>

<この女、音を操れるのか!?>

<いや……振動を!!?>

f の身体が痙攣をはじめる。

オトネは、f という存在に巣食うクロウズの固有振動に共鳴させて、この身体の機能を停止させた。

f ……建物全体が、麻痺している隙をついて、オトネが扉へ駆け抜ける。

バタン!!

「?」

オトネが手をかける寸前に、扉が開いた。

<レヴィン!?>

「あれ?」

「開くじゃない……」

「なつかしいわ……」

オトネの目の前には、ミヅキでもレヴィンでもなく
………白の女だった。

【AZURELYTONE第3部 006話へ】

AZURELYTONE 3-005” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中